高砂市のマニアックな地域情報を発信しています!

大河ドラマ『晴天を衝け』紀行で高砂市が紹介されました!

 
紫陽花と青空





この記事を書いている人 - WRITER -
高砂生まれの高砂育ち。猫好きのAB型男子。 お祭りやイベントが大好物です。 高砂の地元ネタをゆる~く発信していきます!
詳しいプロフィールはこちら

 

2021年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』。

『日本資本主義の父』ともいわれる渋沢栄一の生涯を描いた大河ドラマです。

 

その第19回放送の『青天を衝け紀行』のコーナーで、なんと高砂市が紹介されました。

 

しぶさわえいいち…今度の新1万円札の肖像画になる人ですね!

ねこえもん

 

一橋慶喜(のちの徳川慶喜)の家臣となっていた渋沢栄一は、一橋家の勘定組頭に抜擢されます。

 

当時、東志方や今市、中島、曽根の村々は一橋家の領地でした。

 

そこで渋沢栄一は、一橋家の財政立て直し策のひとつとして、播磨の特産品である木綿や菜種油に注目。

 

慶応2(1866)年、高砂市の今市に滞在し、主に木綿の取引を行う一橋産物会所の開所準備をしました。

 

さらに、木綿の取引に使う預かり手形「今市札」を発行し、商売を盛んにしていったそうです。

 

渋沢栄一と高砂に、そんなゆかりがあっただなんて驚きですね!

 

『青天を衝け』第19回放送日時

 

■NHK総合> 6月20日(日)20:00~20:45

■NHK BSプレミアム>6月20日(日)18:00~18:45

■NHK BS4K>6月20日(日)18:00~18:45

■NHK総合(再放送)>6月26日(土)13:05~13:50

 

※『青天を衝け紀行』のコーナーは、ドラマ本編終了後の約2分間となります。

 

見逃した方はこちらから

大河ドラマ『青天を衝け』NHKオンライン

 

また現在、工楽松右衛門旧宅では、『渋沢栄一と高砂』特別展が開催されているそうです。

 

今回、『青天を衝け紀行』で紹介される今市札も展示されているようなので、一度のぞいてみてはいかがでしょうか。

 

工楽松右衛門旧宅公式サイト

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
高砂生まれの高砂育ち。猫好きのAB型男子。 お祭りやイベントが大好物です。 高砂の地元ネタをゆる~く発信していきます!
詳しいプロフィールはこちら












- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 高砂まにあ.com , 2021 All Rights Reserved.